邦楽ロック&ポップス名曲1001: 1976, Part.2

どうぞこのまま/丸山圭子(1976) 丸山圭子の3枚目のシングルで、オリコン週間シングルランキングで最高5位を記録した。 作詞・作曲は丸山圭子で、青山望によるアレンジはAORの名盤としても知られるニック・デカロ「イタリアン・グラフィティ」をも参照したボサノバ調でで都会的なものになっている。 シティポ Read More

邦楽ロック&ポップス名曲1001: 1976, Part.1

スローバラード/RCサクセション(1976) RCサクセションの6枚目のシングルで代表曲の1つとして知られているが、当時はオリコン週間シングルランキングにランクインしていない。 元マネージャーの独立にまつわる騒動に巻き込まれ、不当に干されていたりもして、収録アルバム「シングル・マン」共々、発売が遅れ Read More

邦楽ロック&ポップス名曲1001: 1975, Part.3

センチメンタル/岩崎宏美(1975) 岩崎宏美の3枚目のシングルで、オリコン週間シングルでは前作「ロマンス」に続き、2曲連続して1位に輝いた。デビューした年に2曲連続で1位になったのは、史上初の快挙だったともことである。作詞が阿久悠で作曲・編曲が筒美京平という、これも前作と同じである。 歌詞では「十 Read More

邦楽ロック&ポップス名曲1001: 1975, Part.2

DOWN TOWN/シュガー・ベイブ(1975) シュガー・ベイブのデビューアルバム「SONGS」の収録曲でシングルカットもされたが、当時はオリコン週間シングルランキングにランクインしなかった。 元々はザ・キングトーンズに提供するつもりで山下達郎と伊藤銀次がつくった楽曲のうちの1つだったが、その話自 Read More

邦楽ロック&ポップス名曲1001: 1975, Part.1

私鉄沿線/野口五郎(1975) 野口五郎の15枚目のシングルで、オリコン週間シングルランキングで1位、「第17回日本レコード大賞」では歌唱賞、「第8回日本有線大賞」ではグランプリを受賞した。作詞が山下路夫で、作曲は野口五郎の兄、佐藤寛である。 別れてしまったかつての恋人との思い出が忘れられない、とい Read More

邦楽ロック&ポップス名曲1001: 1974, Part.2

激しい恋/西城秀樹(1974) 西城秀樹の9枚目のシングルで、オリコン週間シングルランキングで最高2位を記録した。作詞は安井かずみで、作曲・編曲が馬飼野康二である。 ブラスサウンドを大胆に用いたファンキーなトラックにのせて、西城秀樹が恋の激情について熱く歌う。「やめろと言われても 今では遅すぎた」の Read More

邦楽ロック&ポップス名曲1001: 1974, Part.1

襟裳岬/森進一(1974) 森進一の29枚目のシングルでオリコン週間シングルランキングで最高6位、「第16回日本レコード大賞」「第5回日本歌謡大賞」で共に大賞を受賞した。 フォークの吉田拓郎の楽曲を演歌歌手の森進一が歌ったことは、当時としては画期的であった。吉田拓郎の大ヒット曲「旅の宿」の作詞も手が Read More

邦楽ロック&ポップス名曲1001: 1973, Part.2

涙の太陽/安西マリア(1973) 安西マリアのデビューシングルで、オリコン週間シングルランキングで最高16位、「第15回日本レコード大賞」では新人賞を受賞した。 1965年に和製洋楽的な楽曲としてリリースされ、ヒットしたエミー・ジャクソンの曲のカバーで、日本語詞はオリジナルと同じく湯川れい子によるも Read More

邦楽ロック&ポップス名曲1001: 1973, Part.1

女の子なんだもん/麻丘めぐみ(1973) 麻丘めぐみの3枚目のシングルで、オリコン週間シングルランキングで最高7位を記録した。アルバム「あこがれ」からのシングルカットなので、初めて世に出たのは厳密には1972年なのだが、個人的になんとなく1973年をこの曲からはじめたかった。 作詞・作曲はデビューシ Read More

邦楽ロック&ポップス名曲1001: 1972

ぼくの好きな先生/RCサクセション(1972) RCサクセションの3枚目のシングルで、オリコン週間シングルランキングで最高70位を記録した。当時は忌野清志郎、小林和生、破廉ケンチの3人組で、フォーク的な編成であった。 忌野清志郎が高校生の頃に教わっていた美術教師のことが、「劣等生のこのぼくにすてきな Read More

邦楽ロック&ポップス名曲1001: 1971, Part.2

さらば恋人/堺正章(1971) ザ・スパイダース解散後、堺正章がソロアーティストとしてリリースした最初のシングルで、オリコン週間シングルランキングで、オリコン週間シングルランキングで最高2位、年間シングルランキングで10位の大ヒットを記録した。 「さよならと書いた手紙 テーブルの上に置いたよ」「悪い Read More

邦楽ロック&ポップス名曲1001: 1971, Part.1

花嫁/はしだのりひことクライマックス(1971) はしだのりひことクライマックスの最初のシングルで、オリコン週間シングルランキングで2週連続1位、年間シングルランキングで7位となる大ヒットを記録した。 元ザ・フォーク・クルセダーズのはしだのぶひこが「風」をヒットさせたクライマックスの後に結成したバン Read More