The 25 essential BTS songs, Part.1

BTSは韓国の7人組アイドルグループで、世界で最も人気のある音楽アーティストの1つであるということはわりとよく知られているように思えるのだが、その要因となっているのは楽曲がリスナーの日常に深いレベルで寄り添うような優れた内容を持ちながらポップミュージックとしてひじょうにクオリティが高いということに加 Read More

邦楽ロック&ポップス名曲1001: 2008

愛をこめて花束を/Superfly(2008) Superflyの4作目のシングルで、オリコン週間シングルランキングで最高13位を記録した。 越智志帆と多保孝一によるユニットだったが、多保孝一が脱退したことにより、越智志帆のソロプロジェクト化してから最初にリリースされたシングルである。 とはいえ、楽 Read More

The 25 essential K-pop songs: part.2

2NE1, ‘I AM THE BEST’ (2011) グループ名の読み方は「トゥエニィワン」で、21世紀と「New Evolution」の意味が組み合わさっている。というか、「21」というアーティスト名がすでに使われていたのでこれになったということのようである。 それはそうとして、それまでのガー Read More

The 25 essential K-pop songs: part.1

韓国のポップミュージックのことをK-POPと呼びようになったのはおそらく1990年代後半ぐらいだったといわれ、しかもどうやら日本のポップミュージックを指すJ-POPという語に倣って日本でそう呼びはじめたのではないかといわれたりもしている。それ以前には確かコリアンポップなどと呼ばれていたような記憶があ Read More

邦楽ロック&ポップス名曲1001: 2007, Part.2

睡蓮歌/湘南乃風(2007) 湘南乃風の6作目のシングルで、オリコン週間シングルランキングで最高2位を記録した。 歌いだしはしっとりとはじまるのだが途中から急速にギアが上がり、「Ah 真夏のJamboree レゲエ砂浜 Big Wave!!」「濡れたまんまでイッちゃって‼︎」と大いに盛 Read More

邦楽ロック&ポップス名曲1001: 2007, Part.1

Baby Don’t Cry/安室奈美恵(2007) 安室奈美恵の32作目のシングルで、オリコン週間シングルランキングで最高3位を記録した。 ブレイクのきっかけとなった小室哲哉のプロデュースから離れ、音楽的にはよりR&Bやヒップホップに接近していったり、今井了介、ZEEBRA、VERBALら Read More

LE SSERAFIM ‘EASY’ review

LE SSERAFIM(ルセラフィム)の3作目のミニアルバム「EASY」がリリースされた。1stフルアルバム「UNFORGIVEN」以降、最初のアルバムということでLE SSERAFIMにとっての新章がスタートした印象もあるのだが、この間に英語詞によるシングル「Perfect Night」があった。 Read More

邦楽ロック&ポップス名曲1001: 2006

YOU/木村カエラ(2006) 木村カエラの5作目のシングルで、オリコン週間シングルランキングで最高7位を記録した。 この年の受験シーズンにキットカットのCMソングとして使われていた。女子高校生が受験会場でカバンをあけると母が忍ばせたキットカットが入っているという内容で、そのバックグラウンドで「なん Read More

邦楽ロック&ポップス名曲1001: 2005

夢で逢えたら/銀杏BOYZ(2005) 銀杏BOYZのアルバム「DOOR」に収録された楽曲である。 GOING STEADYを解散した峯田和伸が結成したパンクロックバンドで、アルバム「DOOR」「君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命」の2タイトル同時発売でデビューを飾り、オリコン週間アルバムランキングで Read More

邦楽ロック&ポップス名曲1001: 2004

ハナミズキ/一青窈(2004) 一青窈の5作目のシングルで、オリコン週間シングルランキングで最高4位を記録した。 「君と好きな人が百年続きますように」という歌詞が有名なラヴソングとして知られるが、当初はアメリカ同時多発テロ事件が発生した時にニューヨークに住む友人から届いたメールに触発されて書いたこと Read More

邦楽ロック&ポップス名曲1001: 2003

ウェカピポ/SOUL’d OUT(2003) SOUL’d OUTのデビューシングルで、オリコン週間シングルランキングで最高16位を記録した。 3人組ヒップホップグループで、これ以降に9曲のトップ10ヒットを記録している。とはいえ、当時はヒップホップ系のグループがいろいろデビューしてはヒット曲を出し Read More